uramado-top
a day

2021. 5. 6

☆天国の島に持っていきたい"落陽"☆
難問だ。'73か2005か。'85は高中だぜ。石川鷹彦との'93もしみる、するってえと'79の青山はいいのか。うーん、つま恋2006も捨てがたい。♪つま恋の花火に打たれて、このままぁ〜死んでしまいたい〜と西田佐知子が頭の中でずっと歌っている。

2021. 5. 5

☆繰り返し繰り返し旅に出ている☆
 そもそも”戻る旅に陽が沈んでゆく”を2回繰り返すようになったのっていつからだろうか? 出自であるライブ73も篠島も王様達のハイキングもつま恋”高中だぜ”85もみんな”戻る旅に陽が沈んでゆく〜”と最後は1回で終わっている。

 私の超テキトーな調査によれば、89年のシングルのピコピコな「落陽」では2回繰り返しており歌詞カードにもそれが反映されている。
FA7099FF-A147-4355-AAC5-4E3B54D0C6BE.jpeg
それ以後、101studio’93から現在まで、知る限り2回のリフレインで固まってきているようだ。なのでおそらく89-90が転換点と思われる。
 …なーんて思ってたら山田パンダは76年のカバーで最後に2回リフレインしていた。パンダ、おまえだったのか、兵十は・・・って、もういいよ。拓郎もこのレコーディングに立ち会ったようなのでリフレインはこのころから技としては意識されていたと思われる。そして拓郎も89年より以前にリフレインをしていたのを忘れておった。

 拓郎本人自身がリフレインを歌ったのはたぶん79年の武道館。TOUR1979volUの弾き語りだ。書きながらその2か月前の渋谷エピキュラスの公開放送での石川鷹彦との弾き語りもそうだったかもしれないと思った。ともかく武道館の落陽で予想外の会場大合唱に感極まった様子で最後に”戻る旅に陽が沈んでゆく”を俺たち観客に投げ返すように二回繰り返したのだ。「すげぇ。」あの時の拓郎の感無量の笑顔。いいなぁライブは。ああ涙が出そうだよ。
 そう考えるとリフレインは躍動する魂から自然とあふれ出たシャンパンの泡のようなものだ。尊い。いとおしいじゃないか。あれ、昨日と言ってることが違う気がする。岡本おさみの切ない孤独の歌が吉田拓郎自身の進撃のスタンダードに変わっていった印みたいなものか。

 昔からこのことをラジオにメールしてみようかと思ったが、きっと「何回繰り返そうと俺の勝手だろ」「音楽っていうのはもっと自由なものなんだ」と怒られるに違いない。ていうか今のあの方は、そもそもそういうことをどうこう言うようなステージにはたぶんおられない気がする。
 
 ということでどっちがどうなのよは各自の自由で…という雑な結論で。

2021. 5. 4

☆ひとつ、ひとつじゃ淋しすぎる☆
 “落陽”のいちばん最後のフレーズ”戻る旅に陽が沈んでゆく”。ここのところを”戻る旅に陽が沈んでゆく、戻る旅に陽が沈んでゆく〜”と2回リフレインするようになってから久しい。1回と2回。どっちがどうなのよ。その答えは人それぞれに違うだろう。
 ぶっちゃけ1回だと物足りないけれど2回だとしつこいと俺は思う。だから1回で終わってしまう物足りなさから生まれる余韻と余白がいいんじゃないかと今は思う。ライブから撤退しアルバムもこれが最後という撤収宣言を受けてしまった今の空白な気持ちと妙に重なる気がするんだよな。ただしこのリフレインは簡単な問題ではなさそうなのでまたあらためて深堀したい。

2021. 5. 3

☆書店という原点☆
 本屋の立ち読みといえば、岡本おさみは苫小牧の本屋で、周囲に迷惑がられながら真剣に立ち読みをするフーテン暮らしのあの爺さんと出会うのだった。そう考えると「落陽」はあまりに豪勢な歌になりすぎてしまったのではないかと思う。やさぐれた小さな本屋の立ち読み感が微塵もない。俺には最高の思い出だが、花火までバンバン打ち上げられて爺さんもびっくりしたに違いない。そしてまたそう考えるとライブ73の「落陽」はあらためて凄いなと思う次第である。「落陽」をふりかえってみるのもいいさ。

2021. 5. 2

☆立ち読み☆
 昔の楽譜集は楽譜だけでなく巻頭に写真とか記事が載ってるものも多かった。なので本屋さんの立ち読みは重要な日課だった。楽譜集のタイトルは忘れたが「茶色のスーツに身を固め男拓ちゃんどこへ行く」という山本コータローの巻頭文も立ち読みで何度も熟読したもんだ。すまんな。昨日のように誰が書いたかわかんないけれどいい文章に時々出逢えることもあった。
 どこの楽譜集だったか忘れたがこんな趣旨の巻頭文章があった。

“どうかデビューアルバムの「青春の詩」と最新アルバム「今はまだ人生を語らず」を聴き比べてほしい。その成長に驚くはずだ。僅か4年間の間にここまで劇的に進化するミュージシャンはいるだろうか。”

 おおおと唸りたくなるような巻頭文だった。
 それがさらに数年後のアルバム「大いなる人」の追加改定版になると

“何が何でも吉田拓郎という時代はもう終わったといってよいでしょう。”

 おいおいと悲しくなるような文章に変わっていた。それに続いて、

“そのかわり成熟した男性の魅力を湛えた大人の吉田拓郎の時代が始まるでしょう。”

 とフォローがしてあった。長い目で見れば、あながち間違ってはいないか。でもこちとらは何が何でもで半世紀。
 書物を狩りしたり、書物が語りかけてきたり、やっぱり書店は貴重な場所だと思うのだが。
 立ち読みといえば、立ち読みをする君に会える気がして。岡田奈々"青春の坂道"……う、ここにも松本隆の手が回っておる。

2021. 5. 1

☆本の店☆
 ずっと昔の学生時代、吉田拓郎の楽譜集の表紙にこんなコピーがあった。

"とにかくがむしゃらな奴だった。世の中のものすべてが抗議の対象だったのだろう。
ちょうど、自由とか若者の夢のことなんかあまりかまわない家に貰われてきたばかりの少年のようだった。"

 これって誰が書いたんだろうな。楽譜集は買えなかったが、時々書店で手に取ってこの表紙を読んでは背筋を正していた。店頭だけの関係だが大切な関係というのがかなりあった気がする。

2021. 4. 30

☆♪あなたはこの街にもういない☆
 TYIS終了。いろいろ文句も言わせていただいたが、何分お世話になりました。ありがとうございました。
 吉田拓郎がいなくなった中目黒はどんなに素敵な街であれ俺にはただの中目黒だ。すまん。俺はどこへ行こう、君はどこへ行く。

2021. 4. 29

☆双璧☆
 “無題”は松任谷のプレイも素晴らしいが、詞の“もし淋しさがインクだったら今夜君に手紙を書ける”…ココがあざとウマい。やられたと思う。他にインクといえばやはり”緑のインクで手紙を書けばそれはサヨナラの合図になると”…これも言うまでもない名作だ。松本隆と喜多條忠がインクの東西横綱である。どちらも吉田の土俵なのが誇らしい。
 そういえば他人の土俵で”黒いインクがキレイでしょう青い便箋が悲しいでしょう”なんて歌もあったが…ふ、勝ったね。※あくまで個人の感想です。

2021. 4. 28

☆天国の島に持ってゆきたい松任谷正隆のキーボード7選(ロック&ポップ編)

神様が遣わしたもう奇跡のソリーナ人生を語らず (今はまだ人生を語らず)
ポップに弾ける二人ザ・バンドの船出春だったね (元気です)
マンタ・ビギニング&フォークの国のエクソダス結婚しようよ (人間なんて/TAKURO TOUR 1979)
心優しいキーボードと踊りだす手風琴まにあうかもしれない (元気です/TAKURO TOUR 1979)
傷癒えぬままの蘇生に優しく強く寄り添うキーボード明日に向って走れ (明日に向って走れ)
ウキウキ跳ね回るポップなピアノ戻ってきた恋人 (今はまだ人生を語らず)
永過ぎた春を水中翼船のように進むキーボード春を待つ手紙(シングル)

<次点> 
バースト前の荘厳な鎮魂のピアノ英雄(ローリング30)
イントロとブリッジのピアノあってのファミリー(無人島で…)

<評価検討中>
ごっつ必死でピアノ叩きまくるおまえが欲しいだけ(ONE LAST NIGHT IN つま恋Uビデオ)

…ということでラストアルバム聴かずに死ねるか。大変な世の中だけど皆様くれぐれもご自愛専一にお過ごしください。

2021. 4. 27

☆天国の島に持ってゆきたい松任谷正隆のキーボード7選(しみじみ抒情編)☆

いつもより余計に弾いております&ジェイクとの見事な掛け合い舞姫(TAKURO TOUR 1979)
ぽっかりと浮かぶ陽だまりのような心地よき間奏の至福野の仏 (ライブ73)
披露宴、ディスコのチークタイムにも最適だがどっちも縁がなかったが美しい未来 (大いなる人)
見事な後奏&暖かな焚火のような音色襟裳岬 (今はまだ人生を語らず/つま恋75) 
ボーカルに静かによりそう妙味白夜 (ローリング30)
スチールギターと拠りあう切ないまでの美の極致無題 (ローリング30)
ああ、どちらも双璧どうしてこんなに悲しいんだろう (人間なんて/明日に向って走れ)

<次点>
いきなり天空から降ってくるピアノ流星(シングル)

2021. 4. 26

☆たぶんOK松任谷☆
 何度か書いたが、剛くんというと思い出す。LOVE2でKinkiと藤原紀香で松任谷正隆の話になった。皆、松任谷さんって最初はとっつきにくそうで不安だったけど実は優しい人だったという話題になって拓郎に振られた。
拓郎「とっつきにくそうというけど、僕にはハッキリとっつきにくい男。(一同、エー!)だって、ちょっとしてたことですぐに不機嫌になるしさ」
剛「それ一緒ですやん」
拓郎「おい、俺はいつもハッピーでそんなことないだろう(笑)」

このシーン好き。剛くん、Good Job!

 ラストアルバムはKinkiの参加はもちろん松任谷正隆と組むということが私にとっては大事件である。オリンピックとか世界陸上みたいにもう聴く前から「感動をありがとう」と言っておく。聴かずに死ねるか。だから、いい歌を頼むぜ。

 リモートということは、それ以外の時間は休憩時間に等しいので>ちげーよ。
なのでせっかくの自由時間>だから自由じゃねーよ、どうせ酒も飲めないしさ、明日から天国の島に持ってゆきたい松任谷正隆を振り返りたい。

2021. 4. 25

☆この胸いっぱいの☆
 昨日は堂本剛のラジオ”堂本 剛とFashion & Music Book”を教えていていただいてradikoで聴いた。吉田拓郎からラストアルバムのオファーのくだりをしみじみと語ってくれていた。Radikoは今日までだよ。
 「…ギターを教えてくれた人からのオファーだけにだだ嬉しい。でも、んー、音楽人生のすべてからリタイアするということを聞いて苦しかったですね。苦しいなと今も思う。その時、生意気ですけど、拓郎さんがやっぱり俺もう一回音楽やるわと笑って言えちゃうようなの作りますねとお伝えしたら”ありがとう”と笑って返してくださいましたけど…
生きるチカラを貰ったことを鮮明に覚えている〜、拓郎さんの人生だから拓郎さんが決めることだけど、拓郎さんが想像している以上にいろんな人を救うことをされています…」

 涙ぐむ。なんと繊細な男。「苦しい」と言ってくれたよ。どうしてそんなに性格がいいの。ありがとう。”ありがとう”は、たぶん一回ステージで歌ってみたら涙をこらえるのがヤバイからやめたんだな、そうだろ拓郎、とあらためて思わざる得ない。剛君とにかく頼むぞ。

 うう、♪生意気ですれど ひとつだけ言わせてね あなたはすばらしい人でした…なぜか百恵ちゃんが頭でずっと歌っている。
  

2021. 4. 24

☆面影橋から☆
 まさか生きてるうちに灯火管制を経験するとは思わなかった。俺は灯りに集まる虫か。
 ところで K君の命日を忘れていたことに気づいた。ごめんよな、K君。俺とおまえとあいつ、三人拓バカ一緒に還暦だよな。昨年ゆかりの拓バカみんなで墓参し盛り上がる計画だったがコロナで頓挫した。今年は墓参りくらいならいいかなとも思ったが、あそこでビール飲んで盛り上がったら「墓飲み」するただのバカ達として炎上しそうだ。落ち着いてから絶対に行くのですまんな。

 忘れたといえば、橋田壽賀子先生のことを書いた日記で、先生の代表作ドラマ「たんぽぽ」=主題歌「隠恋慕」を忘れていたではないか。これも痛恨だ。都電荒川線は俺にとっても青春の地だ。あのチンチン電車を観るたびに必ずあの管のプァーッパパー〜というイントロが流れ出して涙ぐむ。もう救急車のサイレンで鳴く犬みたいなもので情けない。それでもいいと頷いてくれ。ああ、これもアレンジは松任谷正隆だ。ちょっとよそ行き感のあるいいアレンジだな。勝手に、ひとりシンポジウム「松任谷正隆とは何だったのか」に突入。
img_6 (1).jpg

2021. 4. 23

☆さよならすべての酒類提供店☆
 まさか生きているうちに禁酒法の時代が来るとは思わなかった。昔からエリオット・ネスは憧れのヒーローだったけれど、今だったら間違いなくアル・カポネの手下になる。カポネはロバート・デ・ニーロでお願い。
 どうしても家にいてほしいなら家から一歩も出たくなくなるようなテレビ、ラジオ、配信を頼む。オールトゥギャザーナウ、歌謡グランドショー、歌謡最前線、セブンスターショー、つま恋2006完全版 、あこがれ共同隊、LOVELOVEあいしてる一挙放送、星の数ほどあるライブ音源、秘蔵映像、この期間だけはあなたの言うことなんでもききますということで、拓バカのおじさまおばさまに緊急アンケートとって、無料大開放とかやってくれないか。

 とはいえこんな悪態つけるのも自分が無事だからだな。とにかく今はこらえよ愛しい君よ。どうかくれぐれも、くれぐれもご自愛ください。

2021. 4. 22

☆拓バカの小さな幸福☆
 昨日話した拓郎ファンはこう言った。「最近職場に”吉田さん”という新人が赴任してきて毎日”吉田さん”と呼びかけるたびになんか嬉しくなる。バカでしょ?」…バカである。しかもなかなか重症だ。しかし、そうだよ、これなんだよなとも思う。一般Pの日記のくせに評論家気取りで何様だみたいな事をダラダラ書いている自分を少し恥じた。「吉田」と聞いて嬉しくなり、「拓」の文字を見つけてドキドキする、それこそがかけがえのない幸福なのだと教えられた気がした。「君の覚えた小さな技術をいつくしみ、その中にやすらえ」(マルクス・アウレリウス)

2021. 4. 21

☆声にして永遠を誓うよ☆
 デビュー当時、小学生からは難しい、わけわかんないとさんざん悪態をつかれたという「イメージの詩」が、50年後に小学生によって堂々と世界に向って歌われる。時代は変わる。いや、これが半世紀の間に生じた人類の進歩、世界の発展でなくてなんであろうか。拓郎の喜びが、音叉のように私達にも伝わってくる。おめでとう。
 エンディングを迎えんとする時、これまでのねぎらいとこれからの希望が一緒に訪れる。過去と未来が現在を祝福する=それが「永遠の今」なのだと西田幾多郎先生は書いておられる。いや、そこまでは書いていないかもしれないが爆、古いとか新しいとか昔とか未来を超えてそれらを束ねる「永遠の今」というものが根底にあるとは書いている。そうか今がその時、もう戻れない。
 吉田拓郎は古い水夫も新しい水夫も超えた永遠の水夫になったのだと思うことにする。そしてきっと誰も言ってはくれないだろからここで言うが、そういう吉田拓郎を見出し、愛しつづけ、ひとりひとりは微力ながら半世紀の人類の進歩を支えたすべての拓郎ファンこそがすんばらしい。ともかく永遠の水夫たちに祝福を。

2021. 4. 20

☆もはや40年☆
 ”Y“の間奏のストリングスを聴くたびに泣きそうになる。心の奥底に響く。甘美な感傷というより自分の罪業に近い部分を揺すられる感じだ。この間奏の切なくて美しいメロディーは、吉田拓郎と松任谷正隆、どちらが作ったのだろうか。作ってくださった方に感謝をこめて腰塚のコンビーフをお贈りしたい。なんだそりゃ。

2021. 4. 19

☆☆☆9月になれば☆☆☆
 ニュースによるとワクチンは世界で効果を発揮しつつあるらしい。9月か。接種までの道はそこからまだあるだろうが、ようやく終息がチラつき始めた。ということは夢のラストアルバムの実現も見えはじめたということになる。ずっと言っているように豪華な夢の企画ということで舞い上がる喜びとラストということで沈む気持ちがゴチャマゼになって俺個人はup&downでややこしい。
 昨年のドラマ”スタートレック・ピカード”の名ゼリフで老いてなお航海に出る時の処世訓。”難しいことは一度にひとつまで(One impossible thing at a time)”。そうやって切り分けて考えよう。まずは、新曲のアルバムが出る。昔の歌ではない、10数曲のあたらしい音楽と出会える。そこだ、それがまずすべての基本だ。75歳の渾身の新曲たち。想像がつかないがどんな音楽になるんだろう。魂の底から期待してるぞ。豪華なメンバーも映画への期待もこれが最後という悲しみもまた切り分けられた別の問題だ。もちろん最後はひとつになるにしても。皆様とにかく今はくれぐれもご自愛のほどを。たぶん夜明けは近い、友よ、この闇の向こうには。

2021. 4. 18

☆☆☆ありがとーショコラ☆☆☆
 身内・友人からTYISの終了を見舞うご連絡をいただく。みんな、ありがとうね。どうかThank you goodsは、私からのThank youでもあるからね>便乗すんな。「大丈夫ですか?」と心配してくださるが、大丈夫なワケがありません(爆)。そう言うと慰めてもくれる「きっとまた新しいファンクラブ始めてくれますよ。」…そんなことされたらそれはそれでまたムカつく。確かにこの30年間は公式ファンクラブ離合集散の歴史である。ちょうどテレビで映画” ユー・ガット・メール”やっててちょっと観た。公式ファンクラブAOL時代というのもあったな。何もかも懐かしい。出会いや別れに慣れてはきたけれど。 
 ああ10年か。春を待つ手紙 本人生歌唱の日。聴くべし。

2021. 4. 17

☆☆☆さよならすべてのTYIS☆☆☆

image.jpg

星)ショボい会報、当たらないチケット、当たっても後方、なんで身分証明書…さんざん悪態をついてすまなかったな。森野くんこれまでありがとう。
森野)星、わかってくれたか。
長女)(…たぶんそんなにわかってないと思うわ)

 数々の忘れじのライブはもとよりSeasonGreetingはいつもほっこりしたし、最後のT-noteはタイトルも装丁も中身もなかなか素敵でもっともっと読みたかった。タブロイド時代の重松清の寄稿文、今村和夫さんの小さなコラムも大好きだった。石山恵三さんとおそろいになった2016の茶色の帽子も少し色褪せたTY2014パーカーも今だに愛用しているし、foreverの時計は今日も動いている。
 本当にありがとうございました。お疲れ様でした。これまですべての公式ファンクラブにあらためて感謝申し上げます。

2021. 4. 16

☆☆☆のびやかにしなやかに☆☆☆
 偶然にもつい3日前、町中華で「生きるのが辛くなったら西加奈子を読め」と言われたばかりだった。俺はあざとい子役が苦手で、いつも注意警戒しているのだが、映画予告動画の「イメージの詩」をちょっと聴いただけでもう涙が出そうになった。そう来たか。それにしてもかくも豪華な宴の主題歌にお招きいただいて、何の関係もない自分だが心の底からありがとうございますと叫びたい。子どもたちのファンが増えて「ジジイのファンなんかいらね」と言われたら、喜んで、謹んで引き下がりますばい。世界に向って撒かれた種が一つでも多く芽を出しますように。

2021. 4. 15

☆☆☆はらたつわー☆☆☆
 気分が落ちたので昔の嫌な事をさらに思い出してムカつきを勝手に増幅させることにした(爆)。思い出すのはLOVE2の全盛時代だ。拓郎ファンだという女子中高生が増えたときに拓郎は「オジサン、オバサンのファンはもういらない」と傲岸に言い放った。はらたつわー。もちろん、めんどくせー古株ファンよりピュアなファンの方が嬉しいのは当然だ。それにそのめんどくせー俺だって若い人が拓郎の音楽を好きになってくれることは心の底から超嬉しい。
 ただ余計なのは必ず拓郎は古きファンを貶めて若きファンを讃える、こうした「温故知新」ならぬ「怨故喜新」とでもいうポーズを繰り出すところだ。それを聞くとオジサン、オバサンが愉快でないのはもちろんだが、若い方はどう思うのだろうか。例えば電車の中で座ってるオジサン、オバサンを追っ払って空いた席にどうぞお座りになってと招かれた若者は気持ちよく座れるだろうか。心ある若者であればあるほどメチャ居心地悪いのではないか。
 ムカつきながらも、これは吉田拓郎の本心というよりあくまで「芸」であり「芸風」なんだと思い直して生きてきた。愛でないものはあるはずがない。また器の小さい俺と違って俺の回りには「それがまた拓郎の魅力じゃないか」と懐深く鷹揚に構えられていられる多くのファンの方々がいた。そういうみなさんは経験豊かな古株のオジサン、オバサンばかりだった。それが証拠にあのLOVE2バブルの時代にもそれ以降も、コンサート会場が女子高生や若者であふれかえっていた光景をついぞ見たことがない。少しいたことはいたけどさ。
 ということでたぶん拓郎は自分では痛快と思っているこの芸風=懐深き古株ファンに頼りながら彼らをクサする…というのは芸にしてもやっぱりはらたつわー。
 なかなかおさまらないので、明日は「はらたつわーU」〜フォークがそんなに悪いのか編・・・に行こうと思ったら、何?明石家さんま、西加奈子、えっ「イメージの詩」ということで気分が少し上がり始めたので中止。そういえば、さんまから連絡があったアニメってこれだったのか。できればそっちにつづく。

2021. 4. 14

☆☆☆僕らは今も自由のままだ☆☆
 昨日の続きだが、どんな距離感で音楽を聴くかは自分で決める。極上の音楽に人生を変えられ、その音楽がずーっと心に悪さをしながら居続ける。いいじゃないか。それもかけがえのない幸せのひとつだと自他含めて祝福したい。それが健康か、音楽が喜ぶかそんなことをわきまえながら聴くなんて、正論かもしれないが超絶ツマラナイ。音楽は自由なものだと魂に直覚で教えてくれたのが吉田拓郎なのだ。
3323108A-56D5-4F58-8F60-79F89A2DCA69.jpeg


 カッコつけて書いているが、ひとことで言えば ほんま腹立つわー ということだ。 

2021. 4. 13

☆☆☆春も夏もいっぱい☆☆☆
 拓郎が前回のラジオの最後に流したザ・シャドウズの”春がいっぱい”を聴くと、いつも愛奴の”二人の夏”の特に間奏に飛ぶ。似てるとか似てないとかじゃなくて、心がそこに飛ぶのよ。少し泣きたくなる、たゆとうようなこの感じ。”月は君の瞳の中で小舟のように揺れてた〜”。私の場合、心に時々入り込んできて悪さをするのは浜田省吾だな。拓郎が言ってたのはこういう音楽との距離感のことだとは思うのだが。

2021. 4. 12

☆☆☆神は細部に宿られる☆☆☆
 石川鷹彦と「馬」を作ってゆくプロセスの話を聴かせてもらうと、こういうのが映像で観られたらどんなに幸せだろうと思う。だからラストアルバム制作の映画化は楽しみだ。
 ただ芸術作品としての映画でなくていい。事実をして事実を語らしめよ、音楽をして音楽を聴かしめよ、ということで素材そのものをできるだけ大事にしてほしい。「馬」のスタジオの風景のような拓郎がスタジオでミュージシャンたちとどういう会話をしてどうやって音を作り上げてゆくか、それをひたすらずーっと観ていたい。
 NHKの「プロフェッショナル」について、庵野秀明は、シン・エヴァンゲリオン完成までの4年間密着取材のドキュメンタリーといいながら取材が4年間ずっと張り付いていたわけでなく、何か月も来ずに、いい所で取材できていなかったことも多いと苦言を呈していた。ラストアルバムも映画を作るならちゃんと張り付いて、どんな些細な瞬間もちゃんと拾い上げてね。見逃し聞き逃ししないでね。すべてはそれからだ。お願い、はあと。
 極論すれば映像と音がクリアであれば、それこそ防犯ビデオの映像みたいでいいからずっと眺めていたいと思う。何時間でもいいぞ。松任谷や高中と何を話し、鈴木茂を抱きしめ、島村、エルトンとどう絡むのかなどなど、DVDの特典でいいから、ディレクターズ・カットならず、ディレクターズ・ノーカットというやつ。

2021. 4. 11

☆☆☆バーボン・ストリート・ブルース☆☆☆
 で、俺は20歳のころからずーっと40年間、敬虔な気持ちでお神酒のようにバーボンを吞み続けてきたんだぜ。今さら嫌いだったというのなら、もとのハタチに戻してちょうだい。そうか京都で高田渡が初めて…「渡 おまえだったのか」兵十は火縄銃をばたりととりおとしました…”ごんぎつね”じゃねぇよ。
IMG_0830.jpg

2021. 4. 10

オールナイトニッポンゴールド  第13回 2021.4.9

☆☆☆あらすじ☆☆☆☆☆☆

 こんばんは吉田拓郎です。週替わりの金曜日、今週は「よしてくれろう」別名吉田拓郎がお送りします。
 今は4月4日午前10時。 朝の気分で夜の番組をやってみたかった。
 先月のギター当選者の方に冨山プロデューサーがご自宅まで訪ねて行ってお渡しした。配送の手間と送料を考えると持ってった方が早いということもあるんだろうが、当選した方びっくりしたろうね。プロデューサーが来るとは思わなかっただろうね。いいとこあるよね。当たった人は感激ひとしおだろうね。拍手。いいとこあるな、おまえ。

 いろんなプロデューサーやディレクターの人を見てきた。その中にもう亡くなってしまった浅野さんのいうディレクターがいた。当時アルフィーは売れていなくて、ビートボーイズやらなんやら、なんとかして売らんかなの時だった。坂崎の吉田拓郎の下手なものまねで歌ったことがあった。
 当時、スターズオン45、 ショッキング・ビートルズというレコードが出ていた。これがジョンの声、ポールの声と似ていて僕も持っていてよく聴いた。ジタバタしていたアルフィーに浅野さんが、拓郎さんの曲をディスコ調でやってみないかということで、たった一日でニッポン放送のスタジオで録音させた。これがレコードになって売れちゃって、当時のアルフィーの中で一番売れてしまって不満だったようだ。
 そんな浅野さんは酒癖がよくなくて、必ず酔うと下手なマジックをみせる。もう同じマジックでみえみえでそれが嫌で(笑) まいった。いろいろとユニークで有能なディレクターがいた。

<映画「結婚しようよ」で拓郎さんの曲にかっこよさ、歌詞の世界の魅力を知り、youtube で昔のラジオを聴いてファンになった、 情景が広がって身体全体が音楽につつまれた気になる、アルバムもキリンにまけず首を長くして楽しみに待っているという投書>

 最近、この年代くらいの人からのメールも多い。感じ方が、感覚的に明るい気分で音楽を聴いている。そのことはとっても音楽にとっても幸せな一瞬だ。前から言うように音楽というのは時々心に入り込んで悪さをする。でもそれは時々。時々でないとまずい。歌とか音楽とかが悪さをしたまんま、ずーっと進んでゆくのはその人のために音楽のためにも
よくない。あの歌で人生が変わった、という人もいるが、その時々でいい。メールの方はカラッとしている。そんなふうに音楽とつきあっている。ここに音楽の生きる意味と価値がある。

 僕の愛したポップス、ポピュラーはそこが似合う。時々心に入ってくる、ずーっといるのはよくない。

<シン・エヴァンゲリオンに号泣、しかも最後の映画にあの曲が使われたことに感激、リスナーでこの映画が好きな人は少ないが、ありがとうといいたいという投書>
 この映画は観ていないけれど使われていると知っている。さきほどの富山くんもエヴァンゲリオンの大ファンで彼も先日観に行ったそうだ。60歳の男性が家族の食卓で「人生を語らず」を歌うシーンがあってジーンとなったということでメールをくれた。
 こういう話を聴くとつくづく思う。先月も「吉田町の唄」で上京の時に母と話した決意のことを話した。吉田拓郎の音楽が通じるかどうかわからないが、誰かの心に響くという曲が一曲でも作れればと思っていた。そういう母との約束が実現したと思う。「旅の重さ」という映画で「今日までそして明日から」が使われたが、その時はブームの真っただ中だから監督も使ったのだろうということで、さほど感激とか喜びなかったし、もっといい曲あるのにと思った。

 その後、若い人たちが僕の曲をカバーしてくれたりして生まれ変わるのが心の底からうれしかった。僕もおじさんというかおじいちゃんになった。そんなとき2016年のライブ会場にあいみょんが来てくれていて、彼女がそういう音楽を聴きながら育ったことがうれしかったと感想を書いていてくれて・・・それを読んだときは心が泣きました、嬉しかった。2019年には 奈緒さんが来ていて「今日までそして明日から」が大好きだとKinkiの番組で言ってくれた。
 おふくろよ、広島離れる時の約束が現実になっていると話しかけた。エヴァンゲリオンにしても今に息づいていることが嬉しい。「人生を語らず」に代わって、ありがとうと叫びたい。

<ラストアルバム楽しみ、進捗はありましたかという投書>
 いろいろ進んでるが企画はどんどん大きんなっていく一方でこんなこと実現できるのかというくらい凄いことになっている。

 傑作なのは、Kinikikidsで剛にはアレンジ・プロデュースをお願いすることに決まっていて、一方、光一には何頼もうか。ということで、それを察した光一が勘違いして、僕はイラストとか絵がヘタなのでコーラスとか考えてほしいなと彼のスタッフに話ていた話が届いた。
 光一、おいおい光一よぉ、イラストとか絵がうまくないのは20何年まえに気づいていたよ(笑)。そういうのなら篠原だよな。彼女はその才能を生かして今はユーミンの衣装のデザインとかもするけど。僕が光一に頼むわけないじゃない。まかしとけ君からが楽しむ企画がある。心の中で光一にコレをやってほしいというのがある。時間はあるから、お互い一生の記念をつくろう。


<アルバムはCDだけじゃなくてアナログレコードでも出してほしい、ジャケットという投書>
 そうだね、君いいよ。このごろアナログも復活していると。CDになってからジャケットがつまんなくなったよね。せっかくの写真とかも。やっぱりLPのジャケットはいいな。今回はタムジンファミリー総出で撮影しようと決めているのでグッドアイデアだ。

<天国の島の7曲、まさかペニーレインでバーボンが入っているとは思わなかった、今もバーボンを飲むのか、何の銘柄を飲んでいたのかという投書>
 あなた、あなた、知らないの? 僕はバーボン飲まないよ。ほとんど飲んでない。苦手だよ。あれはね、高田渡が薦めたんだよ。あの頃、フォークでインチキなヤツもいたけど、みんなで全国を回っていた。終わった後、居酒屋とかに行って、で高田渡、加川亮(こさい)、遠藤賢司と気があっていた。飲むときはそれぞれと二人きりだったからみんなどうしは仲良くなかったのかな(笑)。
 京都で高田渡が、アーリータイムスを拓郎飲んでみるか?とうもろこしでできているウイスキーなんだといわれてそこで初めて出会った。その時、ウヘー、よしてくれろう、こりゃダメだというのが第一印象。俺は、サントリーレッドとハイニッカ 水割りかロックだった。そののちに原宿ペニーレインにバーボンを置かした。だけど好きじゃないのでレモンスライスを多めに入れるようになった。それで味をごまけてしまおうとした。レモンで割ると酸っぱさで味がごまかせるが、家に帰っておげおげ(笑)。半年もしないうちにやめた。
 それから好きなのはブランデー、コニャックの水割り。ペニーレインの安田というオールバックのボスから教わったのかな。レミーマルタンが好きだった。高いけど。だからバーボンは飲んでいない、吉田拓郎はバーボンは好きじゃない。

■ 今夜も自由気ままに吉田拓郎のオールナイトニッポンゴールド。

 朝から元気だしてやるのもいいようなわるいような。朝はこういうのには向いていないか。

<拓郎さんと佳代さんのやりとりが楽しみです、スタジオでもつづけてくださいという投書>
 レギュラー化しているんだけど、ウチの佳代に話した。コロナが収束してスタジオで収録するようになったら一緒に来てくれるんですかと聞いたら、「何言ってんのよ」だってさ。たった一分のフリートークのために化粧したり服考えたり、誰かに会うかもしれないし…米津玄師に会うかもないしれないし、菅田将暉くんに会う可能性もなくはない、広島カープの森下さんが・・・あ、昔、朝青龍が来たことあったね、ファンですって言っちゃって・・・その森下選手が来ないともいいきれない。そう考えると気が気じゃない、だから来ない。絶対に行きません とおっしゃいました。確かに、たかが一分弱のために・・・自宅録音だけのスペシャルということで。

 そういえば先日サッカーU24のアルゼンチンとの第二戦、オリンピック代表候補の試合で、久々に気になる選手が登場したそう。サッカー界ではヤットさん以来。(田中)碧くん、いい感じの若い男の子。あと三苫くんも。

 照ノ富士やりましたね。大関復帰。拍手。すばらしい。不可能を可能に・・・後もケガに気をつけて横綱の夢が実現してほしい。 

<拓郎さん佳代さんお誕生日おめでとうございま、この一年も豊かな日々でありますようにという投書>
 毎年ステーキ食べに行ったりしていたけど、あ、明日だ、どうすんだ・・・ウチだな。

<番組も2年目、いくつになってもhappybirthdayリクエストしたいという投書>
 森下愛子さんもリタイアを決めている。世界はコロナの恐怖に襲われていて、このままでいいわけでないな。僕達人間社会は、希望ねあるけれど、危うい方向に向かっているものもあるのではないか。未来永劫、テーマとして持ち続けることが必要だ。コロナだけでなく地球温暖化とか最近想像絶する自然災害も多い。吉田夫婦は老老人生だけど、いかに協力して楽しく平穏に長くということで、その時を待とうよということで耐えようと思う。マウイ島へ必ず行きたいし、おいしいレストランに行けるようにになったら毎晩行こう。

Mー1 いくつになってもHappybirthday  吉田拓郎

(CM)

 朝は午前中は午前中らしい。気持ちよく目覚めて元気でゆく、さわやかな時間。何かを決断するのは違うかな。朝はさわやかに、おだやかに、かろやかに。何かを決断するのは違う。朝陽がサンという曲が大好きだけど、さぁいくぞという感じ。人生での大きな決断、固い約束、人生の方向決断はいつも夜だった。お昼に決めたことはない。
 広島から上京するときに車で迷って深夜六本木の交差点にいた。品川、泉岳寺に元上智大学の連中の待っている場所があった。そこに着いて夜中の一時、朝まで将来の夢とかを語り合った。上智のフューチャーズサービスというグループで、イメージの詩が入っている広島フォーク村の自主製作盤を出したところ。拓郎君の夢を聴かせてくれといわれて、歌謡界に石を投げ込むつもりで、俺らのような音楽をもあることを示したいと言った。そのあとエレックに入ったが、その
 エレックを去るのも夜の新宿の「がんばるにゃん」という店で決意した。CBSソニーのオデッセイ・レーベルに誘われて組めたのも六本木のビー・ブレッド(BEE-BREAD)という店。つま恋を決めたのも原宿のプレイバッハだった。ペニーレインじゃなくてきれいな女の子がたくさんいて(笑)。夜じゃないと大きな決断ができなくなってしまった。夜は僕には大事な時間であり、素敵で大切な時間だ。

 で、曲だけれど、アルフィーの高見澤が間奏のギターを弾いてくれるということだったんだけど、テレビのバラエティー番組でケガして、出るなっていったのに、そこでつき指して、その状態で弾いてくれて、よくいえばシンプルな、悪くいうと・・・言わない。
ドラムは俺の打ち込み、ギターの小倉君、大好きなんだけど、おぐちゃんかベースを弾いてくれて、またミュートしたエレキギターを三回もダブリングしてくれて、このミュートしたギターこれはもともとは鈴木茂、彼のアイデア。彼のアイデアがロック、ニューミュージックだけでなくヒット曲の世界にも影響を与えた。これをバチっとやってくれた。そのアイデアを拝借して。ミュートのエレキギターを頼んだところ、三回ハモリましょうとやってくれた。そこに高見澤の間奏。 
 2019年のツアーでもやりたかったけれど、ギターが、もうひとりほしい、俺では歌いながら弾けないということになった。(夜という)僕にとって大切な瞬間をポップに表現したかった。

M ー2  夜が来た     吉田拓郎

(11時)

  佳代さん みなさん11時を過ぎました
  拓郎さん ありがとう

 そもそも僕は人間的に完璧とはほど遠い若者だった(笑)。病弱な少年期、読み耽っていた漫画や小説の世界の影響で「楽しくなきゃつまんないん」だというのが心の奥底に宿った。音楽に取り組みながら、楽しい何かがないと満足できない。スタジオでセッションしていて思うのは、ニコっとできることが浮かんでくる。そういう僕がいいんじゃないのということでやってみて、レコーディングのときはOKということでアルバムにいれたけれど、あとで6、7曲やめときゃよかったかな という冗談があるんで。その中からあえて三曲。遺言と思って聴いてくれ。アルバムに入れなきゃよかったのを3曲。

 まずはアルバム「元気です」の「馬」 ハハハハハ。石川鷹彦という名手と出会ったのが「元気です」。これは僕にとってはとても大きなことだった。彼はその時既に完成されたギターの眼を見張るテクニックを持っていた。ギターだけではなく、バンジョー、フラットマンドリン、ブズーキ、エレキギターも弾けるし、なんでもこなすんだな、驚いた。石川さん一人いればアルバムが作れる感じだった。演奏だけでなく、特に彼のメロディーが秀逸だった。ミュージシャンは、いいメロディ・メーカーでないと使いたくない。高中なんかホントにメロディー・メーカーだった。

 毎日、CBSソニーの六本木の最も大きい一スタで、今日は松任谷と、今日は石川鷹彦という感じで録音していた。当時はCBSソニーは新しい会社でフォーリーブス、にしきのあきら、天地真理、郷ひろみ、南沙織といったところがメインで、俺たちのようなフォーク・ニューミュージックは未知数で扱いは軽んじられていた。

1スタという広い、オーケストラがそのままはいるスタジオがあって、そこが取り合いになっていた。古株プロデューサーが確保していて、1スタにはなかなか新参者は入れない。そこでディレクターの前田仁が大見栄きって、吉田拓郎たちをおろそかにしてはだめだ、彼らがこれからの音楽の中心になるから自由に使わせろと言ったらしい。

 その1スタで石川鷹彦とリンゴをレコーディングして、休憩していて雑談になった。昨夜もビーブレッドでギターの矢島賢と飲んだ。最近飲み過ぎだと夜よく夢みるんだよなという話になった。変な夢で必ず馬が出てきてドリフターズのいかりや長介が乗っていることが多くて、笑っちゃうとこで目が覚めるという話をした。それ面白いから曲したらといわれて即興で作った。

 ワンコードでアドリブな感じがいい。鷹彦がC〜 Em〜 Am〜 Gをどうだと言われて、シンプルでいいなと思った。
 で、俺がトップにG鳴らしながらコード進行したらどうだろう、ということで Cでも一弦の3フレットを押さえっぱなしで・・・実演。石川鷹彦もカッコいい、オンGでG響かせようということになった。
 そのままだとフォーキーでつまんない、石川さんからお前そういうの嫌いなんだろ、ビートがあった方がいいだろうということで、なんと石川さんは自分の車からエレキベースを持ってきて俺のアコギにエレキベースを弾くというで二人で一発撮りで、すげー面白かった。田中さんが最初にノイズが欲しいということで、僕が「知らない」と入れた。

 いちおうキープしといたけれどアルバムには入れないはずだったが、曲順を決めている時に、前田仁が「馬」は超絶に面白くないかと、くそ真面目に”祭りのあと”とかクサイじゃないか…前田仁は、岡本さんの詞がクサイのが嫌い、そういえばエレックでおまえ”たくろうちゃん”っていうのもあったけど、お前お茶目なのが好きだろと言われて「馬」も入っちゃった。

 この「元気です」がブームになって売れに売れて、このジャンルは儲かるというきっかけとなった。それから50年以上  これはいかにも面白いと言いつつ、ちょっと恥ずかしい(笑)。これがなかったらこのアルバム もっと大人として成立
して吉田拓郎のイメージがそっちにいったかもしれないが、僕はそういう人間、「馬」とか入れたくなる。

Mー3 馬      吉田拓郎

(CM)
 次は「ぷらいべえと」というアルバムで、経営が怪しくなってきたときがあった。当時、ボブ・ディランのセルフポートレイトというアルバムが大好きで、ディランが「ブルームーン」なんていうスタンダードなポップスを歌うとは思ってもみなかった。大好きなアルバムだったけれど、評論家からはさんざんだった。わかってないな、こういう音楽性が素晴らしいと思っていた。それにならってディラン的にアナザーサイドの企画で作った。

 当時、時間と予算に追われていて、夜中の1時から朝6時まではスタジオ使用料が安かった。ミュージシャンもつかまらなくて、ギターの青山徹、キーボードのエルトン永田、先日亡くなったベースの石山恵三が何曲か来てくれた。
 頭をひねくり、ベースいないときもギターを重ねてその音圧で、だまけちゃえ!とかやっていた。そして体調崩して風邪をひいてしまった。だけど治るのを待つ時間がない。そのまんまで歌を歌った。自分の曲だったらいいんだけど、あの名曲「悲しくてやりきれない」僕も大好きだったんだけどあの出来上がりはフォークルの名曲中の名曲に泥塗った感じで心が痛んだ。しかもその日がもっともひどいときだったんだ。ごめんなつて誰に謝っているんだ。加藤和彦にすまんなといわなきゃ、その後たくさんスタジオワークもしたし何度も会ったがついにすまんといえなかった。

 しかし風邪を聴いてレコーディングしたミュージシャンは世界で一人だろう。そのアルバムが売れて会社も持ち直した。

M-4 悲しくてやりきれない     吉田拓郎

…総武線とまる

(CM)

 鈴木茂のアレンジで曲は大好きなカッコいいロックンロールなんだけど、おいおい よしてくれろー、この歌詞はなんなんだ。ギター弾いたことある人にはわかるかもしれない、ひとりごとにしちゃ変な詞で、どうしてこういうお遊びの曲をやってしまうのか。幼い生い立ちか。自分自身は楽しくで笑っちゃって。これがひとりよがりで通じないことがある。ステージでも やる気がない、とってつけたような曲がうけるのはどうしてなんだろう。ロックはなんで受けないんだろうとか。昔、Fの唄というのがあって、♪俺の電話で〜あまり評判良くなかった、女性が好まなかったな。女の子と遊ぶ歌だし。

 ギターの最初はCからだけど、僕はCの響きがあまり好きじゃない。5カポCでF、G、Dで始めるのが多い。でも楽譜集、歌本は、みんなCに置き換えているので違う
僕はEの響きが好き、だからEで始めるんだよという唄。Eは必然的にAに行き盛り上がったらBに行く、Bは一番弾きにくい。でもBが大好き、B7好き。

 Cはどうなんだろう、Dならいいんじゃない、ところでFが好きで恋もギターもしつこくやるならFから始めない手はない。

 Fは普通人差し指を一本1フレット目に置いて弾くけど、僕はギターのネックを親指回して6弦1フレットを押さえて ネックをギユッと握った時セクシーに感じる。変態だ。彼女の背中に手を回すそういうスリルがある。

 誰が聴きてぇか。ああ面白い音楽人生だった。

M-5 Fの気持ち   吉田拓郎

(CM)

 映画もそんなに名作があるわけではないし、見飽きちゃったし、テレビも他にないのというくらい同じことを偉そうに話していたつまらない。今日は、古い映画、僕も三度目だけど「テルマ&ルイーズ」という映画。実話らしい。
 田舎町で平凡な日常を暮らしている女性二人が旅行してみようとする。一人が途中でハメ外して、見知らぬ男にレイプされそうなのを救って殺してしまう。自首せずに逃亡の旅を選択する。逃亡中でも体験したことのない自由な感じ、しがらみに束縛されない本能に目覚める。
 刑事が追うが、本能的に悪人じゃないんじゃないかと確信して、犯人をなんとか救えないかと思う。しかし、刑事の思いが伝わらない。最後の瞬間に二人を追い詰めて自首しろというが、車の中で二人は笑顔で確認しあって・・・最後は言わないが、映画史上屈指の名シーンとなる。
 女性の自由へのあこがれ、不自由な日常からの逃避とともに、彼女らを犯罪者ではなく人間として理解しようとする刑事の話の話でもある。この三人がなんで通じ合えないんだろうと思ってしまう。スーザン・サランドン、ジーナ・デイヴィス、ハーヴェイ・カイテルあと若き日のブラッドピットが悪党で出てくる

■エンディング
 僕がこの世からいなくなったらたぶん追悼番組はできるだろう。最近の亡くなられたミュージシャン、作詞家、作曲家の特集を観ながら、俺も・・・もしかしたら追悼番組ないかもしれないが(笑)、ひとつくらい作るかな。すると70年代を共にしたミュージシャンの同世代やつらが語るだろう。俺しか知らないと言って話をする。名前は言わないが、だいたい出てきそうな人想像ついた。そういう追悼番組をいなくなってからやられても嬉しくない。大嫌い。なので佳代に追悼番組の依頼が来ても許可しないで全部断ってくれ。生きてるうちならまだしも、死んでからそういうのは断って欲しい。

 すると佳代さんは いいました。すばらしい。「いやだったらコメントを言いそうな人たちよりも長生きすればいいじゃない」 拍手。長生きしてそういう人たちがいなくなってから安心して旅立てばいいじゃない。
 なるほど。80年以降とか若いミュージシャンが言うのはいいけれど、昔のやつらが知ったかぶりで話すのが嫌なんだ。あいつらより長生きすりゃあいいんだ。よーし長生きしなきゃな。

 最後の曲は、かつてエレキブームでも一風違っていた。クリフ・リチャードのバックをやっていたが、自身のアルバムも出している。大好きなザ・シャドウズで「春がいっぱい」。

 M-6 春がいっぱい   ザ・シャドウズ

☆☆☆思いつきと感想☆☆☆☆☆☆

☆2年目突入ありがとうございます。大変な世の中にこうして拓郎のラジオを普通に聴けることに安堵する。生きていなけりゃ、生きていかなけりゃ。

☆そうか、当選のギターは冨山氏の直接手渡しだったのか。凄いな。でもいわば「魂」が宿る聖なる器みたいなものだもんね。あらためて当選者の方おめでとうございます。

☆シン・エヴァンゲリオンを無理して観といてよかった。あれはさ、一家団欒の食卓といっても地球の殆どが壊滅して生き残った場所での食卓というところでまた格別に胸にしみるのだ。地球は殆ど滅んでも「人生を語らず」は生き残っているんだよ。元気が出るじゃないか。それにもう一曲最後の方に拓郎関係というべき曲がありこれも感動的だった。

☆明るくカラっとしたスタンスか。若い世代の心によりそうように生きている歌に喜びを感じ、御母堂との約束を思う拓郎。その気持ちはわかるような気もする。そういう話を聴くと、1ファンの俺にも灯が未来につながってゆくようなしみじみとした喜びが湧いてくる。
 拓郎の唄によって人生がガラリ変えられて、その音楽がずーっと心にいて悪さをしつづける、あぁ、まさに自分じゃないか。なんだか荒れ果てた土地に取り残された孤児みたいだな。

☆ラストアルバムは、Kinkiもいいが松任谷や高中や鈴木茂、エルトンや島ちゃんたちとどんなふうに組むのかが超絶気になる。ラストは括弧でくくって、とにかく楽しみだ。
☆アナログ提案はすんばらしいです。ジャケットだけでもLPサイズでお願いできないものか。

☆大切なことはすべて夜に決断した、まさに「歴史は夜作られる」という話は面白かった。貴重な記録である。そうなると私のトホホ曲の筆頭だった「夜が来た」の意味合いが変わり、また違って聴こえてくる。それがまた面白い。面白いが、すまん、じゃあ「午前中に・・・」ってなんだったんだ。「午前中に僕はいろんなことを決めてその通りに動いている」(2009年コンサートツアーパンフレット「Have A Nice Day」インタビューより)って書いてあるぞ。野党の質問みたいですまん。

☆「馬」のメイキング。久々に感動した。こういう話をもっともっと早く聴きたかった。スタジオのために会社に啖呵を切る前田も、あらゆる引き出しから音楽的技を繰り出してアシストしてくれる石川鷹彦もすんばらしい。いろんな仕事が糾合されて「馬」が出来上がってゆく様子はドラマみたいにワクワクした。もともと「馬」を余計な曲と思ったことは一度もないし、今回のこの話を聴くともう、いとおしくて仕方がない。こういうドラマが埋もれていると思うと、いてもたってもいられなくなってくる。どうしようもないけれど。

☆前田仁は岡本おさみの詞がクサくて嫌いだった。ああこういう話も大好き(笑)

☆「悲しくてやりきれない」も鼻声は鼻声だけど、その逆境を見事に生かしてなんとも切なくていい味が出ているボーカルだと思う。泥を塗るなんてとんでもない、やはり格段に拓郎の歌のうまさが際立つ。
 「Fの気持ち」しかり。ひとりよがりだなんて思わない。むしろ革命的な歌ですらあると思う。今週の3曲はひとつとして余計な曲はなかった。それより、あの曲が余計ですとかメールしないどいてよかった。

☆追悼番組の話。佳代さん卓見ハラショ。そうだ長生きするしかない。ただのファンとはいえ俺もそうなったら今以上に遠慮なく鬱陶しいことを好き放題書きまくるつもりだ。ずーっと心にすんで悪さをするというファンの模範を示したい(爆)。だからたとえば僅か1日でもいい、俺より先に死んではいけない。とにかくどうかくれぐれも長寿と繁栄を。

☆「春がいっぱい」。昔聴いた高中のカバーもすばらしかった。ちょっと泣けた。

☆☆☆今日の学び☆☆☆
 「吉田拓郎はバーボンが嫌い。」ショック。知らねーよ。オバQの小池さんに本当はラーメンが嫌いと言われたくらいショックである。

2021. 4. 9

☆☆☆橋田町の唄☆☆☆
 訃報ばかりだが橋田壽賀子さんが亡くなった。向田邦子に魂を捧げた端くれとしては橋田さんのファンでしたなどと言うのはおこがましいが、お悔やみ申し上げないって法はないだろう。

 NHKの大河ドラマ「おんな太閤記」について、当時、吉田拓郎が、自分が1年間連続ドラマを観たのは生まれて初めてだと言っていた。翌年の正月に秀吉役の西田敏行が拓郎の自宅に訪れて「外は白い雪の夜」で二人ワルツを踊ったという伝説もある。
 しかし大河といえばなんといっても20年以上にわたってひとつの一族を描き続けた「渡る世間は鬼ばかり」をおいてほかにない。理不尽すぎる内容とか、好き嫌いとか、セリフなのか説明なのかわからないとか、ある日父親が藤岡琢也から宇津井健に代わってたら家族は驚くはずだろぉとか、そういうツッコミをはるかに超えてついつい密かに観つづけてしまった。
 視聴者とともに登場人物も役者たちも一緒に成長し老いてまた亡くなってゆく、この家族がホントにいるような感覚になるのだ。泉ピン子とえなりかずきはもう和解できないのか、本当に身体中が痒くなるのかシンちゃん。もう素もドラマも混然一体となってすべてが進んでいく、これぞリアル大河ドラマなのではないか。ずーっと拓郎ファンでいることとどこか重なったりもする。
 なんのかんので全部観てしまった自分としては、3シーズンで亡くなってしまったが、このドラマの陰の主演は山岡久乃であると思う。そう、「吉田町の唄」のプロモーションビデオに出ていらした山岡久乃である。違うか。特に山岡久乃と赤木春江の対決はもうゴジラVSコングくらい息詰まった。まだ観てないけど。
 
 ああ、生きている、もつれあい、もがきながら今日もまたどこかで息づいている命。そんな歌詞が失礼にも浮かんでしまう。これだけのものを見せていただいた橋田寿賀子さんの御冥福をお祈りせずにいられない。ありがとうございました。

2021. 4. 8

☆☆☆ああ生きていて生きててよかったと☆☆☆
 今日は森下愛子さんのお誕生日なのですね。おめでとうございます。お釈迦様と同じ日なのか。尊い。"ごめんね青春"で観音菩薩の役を演じていたことを思い出す。ということで今日は"花まつり"の日なので"心の破片"を聴いてみる。しかし、このアレンジのベースになったというあのフォルクローレの"花祭り"は、お釈迦様の花まつりとは何の関係もないのだと最近知った。でもいい。この作品は好きだ。特に松本隆のこの詞がいい。松本隆のこと昨日ちょっとディスった気もするが知ったことではない。こんな俺ごときが何言ったところでビクともすまい。良いものは良い。

2021. 4. 7

☆☆☆吉田町といえば☆☆☆
 タラレバは極力言わないようにしようと思う。さすがにこの歳になると、ああすれば良かった、こうすれば良かったなどと、言う方も言われる方も決して幸せにならないことが身に染みてわかる。しかしヘタレの俺はそうはできずに申し訳ない。

 その昔、吉田拓郎が紅白歌合戦に出場した翌月に甲斐よしひろのライブに行った。甲斐は突然MCで「紅白の吉田拓郎は『外は白い雪の夜』はないだろ、やっぱり『落陽』だろぉ」とタラレバな事を言ったことがあった。基本的に同感だが、俺に言わせるとあそこでこそ「吉田町の唄」なんだよと思った。
 「日本の父よ、母よ、子どもたちよ 今、吉田町の唄」というキャッチコピーはちょっとダサいけど正鵠を得ている。そういう唄だ。紅白で歌えば日本の50%以上のまさに老若男女が一斉に聴く機会だ。こんな格好の機会はない。普段は間違っても吉田拓郎なんかを聴かないだろう父も母も子もジジババも、鳥を見た日本野鳥の会の会員も、さらにはペギミンHと暮らす南極昭和基地の方々までも実に夥しい数の人々が耳にすることができたはずだ。「おお、なんかこの唄いい歌だな」「ああ、なんか家族を思い出すな…」と思った人もいたに違いない。すくなとも人々の心に何らかのクサビを打つことができた。繰り返すがそれほどの唄だ。
 天国の島に持ってゆくほどの愛した歌なら、なぜあそこで松本隆に頼ったのだ。すまん、非難したり責めたりしているのではない、涙ながらに問いかけているのだ。それにファンを自称しながら、宣伝は山岡久乃さんに任せて音楽番組にリクエストハガキひとつ書かなかった俺が偉そうに言えたことでもない。
 ただ俺は吉田拓郎が名曲を宣伝する機会を逸したことを残念がっているのではない。この国に暮らす人々がこの名曲に出逢う機会を逸したいわば国難、いや国なんぞに関係なく、この歌を知りそこなった世界中の人々の不幸を憂いているのだ。
IMG_0818 (1).jpg

2021. 4. 6

☆☆☆歌いこむ人☆☆☆
 最近ガラにもなく誕生日は生まれた人へのお祝いと同時に生まれるためご尽力くださったすべての人々への感謝の日なのではないかと思うようになった。しかし今さら俺が自分の親にありがとうございますなんて言えやしない。ただ他人様ご家族の場合はちょっと違うので、昨日は「吉田町の唄」をしみじみと何回も聴いた。

 最初1991年に吉田町に提供したカセットのファースト・バージョンと92年のシングル・アルバムバージョンは、ボーカルの様相が少しだけ違う。ファーストはちょっとハードなボーカルだけれど、シングル・アルバムのボーカルはゆったりとのびやかに懐深いボーカルの印象がある。カセットを聴かせてくれた友人と聴き比べしたのも今は昔。ハードとマイルドと区分けし、どちらもいとおしいという結論だった記憶がある。

 ファーストとシングル・アルバムの間にあのエイジツアーが挟まる。つまり「吉田町の唄」を45回(正確には43回らしい)もステージで歌いこんでから後のシングル・アルバムのボーカルとなる。最初にチカラと思いをこめて熱く歌ったハードなボーカルが、時間をかけて何回も歌いこむことによって、懐の深いのびやかなものに変わった…とあくまで俺の勝手に推測に過ぎないが、それはそれでなんか感慨深い。

 それにしても聴きながら心の底から思うのは「やっぱ拓郎は歌がうまいなぁ」ということである。
 吉田拓郎は歌がヘタであると公言する輩が昔も今も結構いる。それは個人の感じ方なので別に怒りも湧かない。ただこのボーカルのうまさに気づかずに不幸な一生を送るがいいと思うだけだ。>怒ってんじゃん。