uramado-top

今夜も君をこの胸に

1983年
作詞 吉田拓郎 作曲 吉田拓郎
アルバム「マラソン」/アルバム「吉田拓郎 ONE LAST NIGHT IN つま恋」/DVD「85 ONE LAST NIGHT in つま恋/

今夜も君に懺悔して

 

 あくまで個人的な話だが、好きでなかった作品、気にもとめなかった作品なのに、幾年月を経てある日名曲であることに気付いて愕然とすることがよくある。自らの不明と不覚を反省することになる。こんな風に「すべての御大の歌に懺悔しな」シリーズともいうべき作品群がある。
 アルバム「マラソン」に収録されたこのラブソングは、1983年から84年にかけてのコンサートの定番のオーラスナンバーとしても記憶に残っている。しかし当時はアンコールでこの作品のイントロを聴くたびに「ああ、またこれかよ…」とトホホな気分に沈んだものだった。それはこの作品のせいというよりも、コンサートの最後は「人間なんて」や「アジアの片隅で」のような「燃焼発散系」でなくてはならないという強い思い込みからだったと思う。
 毎回、御大の熱いメッセージを期待してライブに向かうものの、スキャンダラスなラブソングばかり聴かされてしまうがっかり感と肩透かし感…そのファンとしての行き場のない思いが、この作品のイメージにコンソメ・ブイヨンのように結実してしまっていたように思う。  しかし、そんな思い込みだなんだを遠く離れて、聴き直すと今さらながら至極の一品だったと思う。軟弱な歌と悪態をついたが実は成熟した大人の甘いラブソングであることにようやく気付く。すまなかったな…御大と殊勝な気持ちになったりもする。
 イントロの軽妙でおしゃれなギターワーク。ライブでのロングバージョンでは、青山徹の静かなソロから始まり、まき散らかしたようなフレーズが収束してお決まりのフレーズにつながる粋なはからい。まさに青山徹の独壇場。間髪を入れずに”窓からあふれる星の数…”と御大の歌が滑り出すとたちまちこの歌の世界に引き入れられる。  言葉は少なではあるが、ゆとりを湛えた大人の目から描く恋愛の景色。御大の場面の切り取り方が、また甘く絶妙なラブ・ワールドである。シンプルながらたゆとうような甘いメロディー。特に間奏のギターのブリッジが特筆ものの美しさだ。青山徹と御大がステージでアイコンタクトしながら気持ちわさそうにツインギターを弾く姿が浮かんでくる。
 曲の大半は“今夜も君をこの胸に すべては流れる時に乗り”というキーフレーズとキーメロが粛々と繰り返されてゆく。このリフレインが、ちょうど♪人間なんてラララ ♪ア~ジアの片隅でと同じくひとつのグルーヴを描き出す。ライブが終わった帰り道、前を歩く人が「ああ。♪今夜も君をのフレーズがどこまでも追いかけてくるようだ…」と呟いていたのを思い出す。それは”人間なんて”や“アジア”のような燃え立つものではなく、恋愛という無防備におだやかでやさしい快楽の世界に私たちを連れ出してゆく。御大のチャーミングなボーカルは文字通り魔法にかけられるような不思議なオーラがあって、大海をゆらゆらと漂うような心地よさがある。ああこのおだやかな海に身を任せていつまでもいつまでも漂っていたいとまで思えてくる。小品ながら、夜空に満ちるような独特なワールドというスケールを感じさせる。
 初お披露目の83年の春ツアーの時は、なんじゃこりゃ?ぬるいラストだなぁということ以外特別何も感じなかったが、この歌の演奏とともに武道館には、星屑の照明が広がっていた。御大が描こうとしていた世界がそこにあったのかもしれない。そして今日までで最後のライブ演奏となったつま恋85。気持よさそうにこの作品に身をゆだねる御大がいた。♪…男と女の事はわかるのさ…イェーイ…今夜も君をこの胸に…。このイェーイでベストテイクに勝手に昇格してしまう。
 なるほどただのガキだった自分にこの作品は理解しえなかっただろうとしみじみと思う。ともかく、いまいちどステージで懺悔の気持ちもこめてしみじみと聴きたい一曲である。
 

2017.2/5