uramado-top

聖なる場所に祝福を

2003年
作詞 岡本おさみ 作曲 吉田拓郎
アルバム「月夜のカヌー」

誰か聖地を思わざる

 2006年のつま恋のオーラスでこの作品が演奏された時、みなさんはどう思っただろうか。私は「えっ?、この曲なのか?」という意外な驚きと「そうだな、この曲はまさにそういう曲だよな」という妙な納得感が、行き来するような不思議な気分だった。

 つま恋の前に拓郎はインタビューで「お客さんが全部を聴き終わって「人間なんて」が聴きたいと思ったらそれはオレの負けなんだよ」と語っていた。吉田拓郎としては、入魂の選曲だったのだということがわかる。その結果、勝ち負けを超えた素晴らしいイベントとなったことは私なんぞが言うまでもない。この歌を歌う拓郎の眼はうるんでいて、拓郎が好んで使っていた「豊かさ」という言葉が心にしみるようなフィナーレだった。生きててよかった、この日まで拓郎ファンでいて本当に良かったと心から思った。  後に「ぬるい連中だ」と甲斐よしひろが批判していたようだと聞いても不思議と怒りもわかず、「んじゃ オメーやってみろよ」と穏やかな気分でいられた>って怒ってるじゃん。
 2003年のアルバム「月夜のカヌー」に収められたとき、どちらかというとメロディアスながら地味な一曲としてひっそりと佇んでいた。作詞の岡本おさみは「聖なる場所」として「つま恋」のことをどこまで意識したのだろうか。いずれにせよ間違いなく、この歌は、2006年9月23日のつま恋において魂と命を吹き込まれたのだと思う。それぞれの名場面が脳裏を駆け巡る。
 つま恋は、吉田拓郎とそのファンにとって「聖地」である。世界の歴史をみると、「聖地」は、聖なる出来事が起こったというだけでは不十分だ。離れていても常に「聖地」を思い、巡礼する人々によって「聖地」となる。この点が足りずに「篠島」は、聖地たりえず遺跡となってしまった(あ、島が遺跡ということじゃなく、あのイベント会場が・・ということね)。というわけで、真剣に拓郎を愛した者同志、常に「聖地」を思おう。新幹線では必ず「聖地サイド」のシートに座って、つま恋の看板に祈りを捧げようではないか。 時々心配になるのは、つま恋を巡るミスチル桜井、南こうせつらの動きである。聖地つま恋の覇権を狙っているのではないか。その時は同志よ、戦いに立ち上がろう。世界の歴史上、ほとんどの戦争は「聖地」をめぐって起きているのもうなづける>おいおい

 閑話休題・・・・以前から密かに考えているのだが、YAMAHAが経営に苦しくなったりした場合、敷地の一部を「つま恋霊園」として分譲してはどうか。御大のステージ形の墓碑を中心に、つま恋参加者に優先分譲。ひとつひとつの墓碑に、通し番号のかわりに「落陽」「イメージの詩」などの曲名が付される。人気曲は入札制だ。全曲揃ったところで第一期分譲は完売。墓参者がいるかぎり聖地は安泰だ。同志よ、命尽きてもつま恋でまた会おう。 この話をメールでラジオANNDXに出したら読んでもらえたのだが、実現の知らせはまだない。

2015.9/21