uramado-top

この指とまれ

1981年
作詞 吉田拓郎 作曲 吉田拓郎
アルバム「無人島で」/アルバム「王様達のハイキング IN BUDOKAN」アルバム「吉田拓郎 ONE LAST NIGHT IN つま恋」/DVD「 ONE LAST NIGHT in つま恋」/

握手する右手と戦う左手

 リアルタイムでこの曲を聴いていたファンには、この曲を耳にするだけで条件反射のように人差し指を上げてノってしまう人も多いのではないか。それほど吉田拓郎の魂(スピリット)の体現された一曲だ。
 初めて発表されたのは81年体育館シリーズ。なんとオープニング一曲目であった。一曲目に未発表の新曲をぶちかましてくるのは吉田拓郎ライブの中でも前代未聞だった。前奏に合わせてステップを踏みながらステージに現れた拓郎。初めて聴く曲にもかかわらず観客は皆スタンディングで実にゴキゲンでノリノリであった。その後同年秋のアルバム「無人島で・・・」に収録された。
 この熱いノリの要因は、やはり抜き身の刀のような率直な詞のパワーが大きい。「キミの周りは変じゃないか?あいつはいつもの笑顔でいるけど。胸の中にまたひとつヤバいこと隠してる」「友達ヅラして手招きするけど」・・平穏に見える日常に潜む欺瞞にいきなり殺気をもって切り込んでくる拓郎。
 この作品が発表された80年代初頭、拓郎の後発世代の「ニューミュージック」は一大勢力として席巻していた。このサイトは公式でもなんでもないので言い放ってしまうが、この詞は、そこに君臨していた「アリス」の「ハンド・イン・ハンド」に向けられているに違いない。「ガキの遊びじゃあるまいに」とは、みんな仲良くお手々をつなぐ「ハンド・イン・ハンド」を指している。
 当時「シアターフレンズ運動」というプロジェクトがあった。アリスらミュージシャンが旗振りの広告塔になって「夢のコンサート会場」を作ろうと多数の賛同ミュージシャンを集め、そのための集金コンサートや募金活動を進めていた。みんなで仲良く手をつなぐ「ハンド・イン・ハンド」はその運動の象徴だった。
 しかし実際には背後に企業や投資家など多くの良からぬ思惑が蠢いており、結局この運動は後に挫折する。吉田拓郎は当初からこの運動の欺瞞を指摘し反意を示していた。賛同ミュージシャンの数は圧倒的で、義理もあったのかユイからも南こうせつ、長渕剛らが参加していた。表立ってこの運動に反対していたのは拓郎以外ではタモリ(当時はまだまだマイナーだった)くらいであり、むしろ世の中の流れからは、みんなの夢に水を差すとして、逆に拓郎が非難のマトにされるような孤立無援状態だった。
 美名のもとに音楽が商売のたくらみに利用される。そこに皆が右へ倣えをする。そんな状態に拓郎は我慢がならなかったのだ。拓郎は、そんな世の中の大勢に背を向けて、オレは先に行くよ、一緒に行くもの「この指とまれ」というのがこの歌のテーマだ。
 そう思ってあらためて詞を見るといろいろなことが腑におちる。「信じることは義理じゃない、人の自由って何だったい?」「操るつもりが気づいたら不自由で」「言葉巧みなヤツら」「出まかせ言うな 愛など語るな」「オイラとにかく大っ嫌いだね」「甘いケーキは食えないよ」「オイラお先にちょいとごめん」と1人旅立つ拓郎。
 しかし、たぶん拓郎もその後、歌うたびにハンド・イン・ハンドの顛末を思い浮かべていたとは思えない。そういう小さな話ではなく、世の中の体制の流れに潜む欺瞞、それに対峙する心の叫びの歌として昇華させていったのだと思う。また世の中の流れに関係なく、自分は断固ひとりで行くんだと孤独を背負い込む決意を胸に刻んでいたのかもしれない。だからこそ今もなおこの作品が普遍的な名曲として残っているのだろう。
 幾星霜を経て、2006年のつま恋で「懐かしいけど」と断って実に久々に歌われたのも記憶に新しい。拓郎は忘れちゃいなかったのだ。もはや「シアターフレンズ」も「ハンド・イン・ハンド」も消え去ったし、ぬぅあんと2014年には谷村新司と御大は仲良く襟裳岬をデュエットしていてびっくらこいたものだ。もっと驚いたのは、ライブ直前、フォーラムの客席に現れた谷村新司に客席が総立ちでスタンディングオベイションしたシーン。頑迷固陋な自分を思い知ることになった。全ては過去のものになっていくが、この世に渦巻く新たな宿敵は今もこれからもたくさんあるに違いない。そんな時に拓郎のスピリットの結晶として、いつも心に備えておきたい一曲である。

2016.2/20