uramado-top

I'm In Love

1983年
作詞 吉田拓郎 作曲 吉田拓郎       
アルバム「情熱」/シングル「情熱」/アルバム「吉田拓郎 ONE LAST NIGHT IN つま恋」/アルバム「LIFE」

歳月が深めていく至極のラブソング

 外人バンドとのツアーのドキュメント・ビデオ「1996年秋」で、キーボード奏者のクレイグ・ダーギーが語る。「拓郎のメロディーは素晴らしい。特に、妻のために書いたあの曲、あの曲は実に美しい。」と「I'm In Love」を絶賛する。そのとおり実に美しいメロディーのラブソングだ。
 しかし1983年アルバム「情熱」のシングルカットとして発表された当時、自分を含めて、素直にこれを絶賛できたファンというのは少なかったはずだ。それは非情な売上枚数 が示している。「このまま世界の終りが来てもかまわない 君と一緒に死んでいけるなら すべてを許そう」というショッキングなフレーズ。拓郎に、”この世界をどう生きてゆけばいいのか”という熱いメッセージを求めていた当時の私のようなファンには裏切られたような 失望感があったし、森下愛子との関係がスキャンダルとして世間に叩かれていたことも、この歌にとっては負の要素となったはずだ。
 しかし、それから幾星霜を経て、お二人は世間も羨むおしどり夫婦となり、それとともに曇り空が晴れるように、二人を結びつけたこの曲も再生したような気がする。先のドキュメントでも、拓郎夫妻の仲睦まじい様子のバックでこの曲が流れる。まるで一篇の映画とそのテーマ曲のようだ。映像の最後で、片寄せて歩く二人の後ろ姿を見ていると、不思議に涙がこみ上げてきそうになる。おそらくは、歌う方も聴く方も時間の流れの中でしみじみと味わうことができる一作として転生したのか。
 後年拓郎が語ったところによると、この歌の背景として、もし世界の終りのような天変地異が起きたら、当時の二人のそれぞれの住まいの中間点「祐天寺」で落ち合おうという約束があったという。もうこれはただのラブソングではなく、災害時の避難方法というセキュリティなメッセージソングだったのだ。さすがだぜ御大拓郎。「高円寺」の姉妹作「祐天寺」でもよかったのではないか。なんだそれは。
 つま恋85では、この曲の最後♪you never foreverのところで拓郎が「愛してるぜ!」とアドリブが入る。理屈抜きで、カッコイイ。隣のヤツがすかさず「オレも愛してるぜ!」と叫んで周囲の失笑を買っていたが、今思うと依怙地になってた私なんかと比べて、とても正しいファンだったと思う。とにかく至極のラブソングだ。

2015.4/10

 ギターの青山徹が自ら「今夜一晩考えさせてくれ」と持ち帰り、熟考の末に彼が弾いたギターソロは、それはもう実に素晴らしいメロディーで感動させられたと御大は「拓つぶ」で述懐した。 「微妙にディストーションのかかった甘い音色」そして「どんなギタリストであろうと絶対に他の誰かでは弾けないフィーリング」も青山が考えついた究極のギターソロと絶賛する。まさにベストテイク。この逸品が、私を始めとした偏屈なファンの多くからは大歓迎で迎えられなかったという当時の不幸を思う。御大は内心寂しかったろう。いや、これはあらゆる逆風の嵐の中、御大が、たったひとりのために捧げた、ゆるぎない信念の作だったに違いない。今は心からその美しさを讃えたい。

2017.9/8